ネガティヴスのブログ

強く生きていきます。twitterもやってます→@sng2405

ブス、アンド―君に会いに行く⑤

休日に会ってきましたよ。

アンド―君と。

今日はそのことについて書こうと思います。

 

アンド―君と会う日がついにやってきて、私はぶるぶるに震えながら待ち合わせ場所に向かった。

 

前日に色々と調べましてね、ネットで出会った人達について調べに調べたら

逃げられたっつーのがありましてね。

その可能性があるぞと。

 

アンド―君は実物の私の顔を見たら逃げかねへん。

それと同じで、アンド―君も写真と別人でもしかしたら殺人鬼かもしれへん。

そんなことを考えてると、声をかけられた。

 

「かもめちゃんですよね?」

f:id:sng405:20170809195929p:plain

アンド―君は写真で見るよりもイケメンやった。

普通にイケメンやった。

こんなイケメンがこんな私と会ってくれるわけがないぞと思って

「あ、壷買わされる……」

って直感で思ってしまうほどに、私とは釣り合っていなかった。

 

「はははははははじめまして」

イケメンにビビり倒しながらも挨拶をする。

 

「はじめまして^^それじゃぁ、適当にカフェ入りましょうか^^」

アンド―君は慣れた感じで私をカフェまで連れていってくれた。

 

色々と話しながら歩いて、カフェの中へ入った。

もう頭の中は帰りたいでいっぱいやった。

何でって相手がイケメンすぎるっていうのもあるけど、前髪が短すぎるから帰りたかった。

自分の前髪が伸びてから会うべきやった。

 

いやね、長らく美容院に行ってなくて、もう量がすごいことになっててね。

毛量がすごすぎて、私の頭に鳥が住み着いてもおかしくないくらいボサボサのもじゃもじゃでして。

さすがにこれはやべーなーって思って、会う前の日に美容院予約して髪の毛を切ってきてさ。

「前髪どうする?」って聞かれて、「うーん。すぐ伸びるから短めで」って答えてしまったのが間違いやった。

一週間後に会うんならいい感じの前髪になったかもしれない。

 

いやー切り過ぎ。

hair_mijikai_maegami.png (725×782)

一日寝たら10㌢くらい伸びてるかな?って期待したけど、まったく伸びてなかった。

エロい人は髪の毛伸びるの早いって言うけど、全然ダメやった。

エロパワーが足りなかった。

 

そんなわけでカフェについて向かい合った私はひたすら前髪を触り続けてた。

なんなら親の仇くらい引っ張って引き延ばしてた。

 

そんな私の姿を見て、アンド―君が笑顔で「どうしたんですか?」って言ってくれたので

「昨日髪の毛切りにいったんやけど、思った以上に短くなっちゃって。。。変やんな?」

って答えたら「全然そんなことないよ」とアンド―スマイルを見せてくれた。

仕方ない。200万なら壷買うよ。そのスマイル見せられたら仕方ない。

さぁ壷をよこせ。

 

最初はお互いどこか遠慮して探り探りやったけど、1時間くらい会話してたら驚くスピードで気を許し始めた。特に私が。

私は、仲の良い男友達にきつく言われた言葉がある。

「お前は喋り過ぎると本当に化け物やから、あまり口を開くな。世の男のほとんどは、喋りすぎる女は恋愛対象にならない」と。

 

それを守って最初に1時間は割と抑え気味に中々静かな女を演じたつもりやった。

しかし、1時間経ったら喋ってまう喋ってまう。

「昔ゾウが踏んでも壊れないっつー筆箱があったんやけど、それは落としたらすぐ壊れたらしいで」とか自分もアンド―君も生まれていないときの話とかすっげぇ饒舌に話したりしてしまった。

 

アンド―君はにこにこと聞いてくれた。

アンド―君は車が好きらしくて、色々な車の話を聞かせてくれた。

「俺が乗ってる車はこんなやつなんだー」と車の写真を見せてくれた。

「えーかっこいい!」と言うと

「よかったら今度ドライブ行きません?」とアンド―君がイケメンスマイルを見せてくれた。

それいつ!?社交辞令ちゃうよな!?いつ!?予定あけるし!?いつ!?

って掴みかかりたかったけど、グッと我慢をして

「ほんまに?めっちゃ乗りたいなー(^^)」と返しておいた。

がっつく女は嫌われる。きっとまた会いたいと思ってくれたら、乗せてくれるだろうと信じて大人の女を演じた。

頭の中ではもう大変な状態やったけどな。

頭の中で壷5個買ってた。 

そんで、2時間くらい話して、バイバイした。

壷は買わされなかった。

 

私はまたしゃべり過ぎたと反省しながら家に帰った。

 

その日にお礼の連絡をして、また数週間後に一緒にお出かけすることが決まった。

どうやら、一次審査?には通ったみたいや。

遊ぶ暇で時間があるから、ドタキャンされへんことを祈り続けます。

 

また、更新しやす

 

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村