ネガティヴスのブログ

強く生きていきます。twitterもやってます→@sng2405

身の程をわきまえずにミステリーショッパーをした話

 

ミステリーショッパーってご存知?

覆面調査員としてお店に行ってこっそり調査をすることをいいます。

 

大学生の頃に暇つぶしでミステリーショッパーを一度やってみようと思って、

ネットで調べて応募して

超高級ブランドのミステリーショッパーをすることになった。

 

 

めちゃくちゃに店内で浮いたよね。

現在もそうやけど、大学時代は極貧生活やったから服もほとんど3000円以下。

靴はボロボロ。鞄は300円で買ったトートバッグ。

 

別にね、その格好でも今まで問題なかった。

友達とカフェ行ったり、遊園地行ったり、飲みに行ったり

ごく普通の大学生として生活してたから全然その服装は馴染んでた。

ボロボロの靴もいい感じに馴染んでた。

 tachiagaru_woman.png (755×800)

ボロボロでも、私は自分に誇りをもって生きている!!

 

やから、そんなんでええやろうと店行って

詰んだ。

 

あきらかに浮いてんの。服装が。

超高級ブランドにふさわしくないの。格好が。

こんなことならスーツで行けばよかったと思うくらい浮いてんの。

店員さんの態度を調査せなあかんねんけど、

まず問題が一つあった。

 

調査する際に、絶対店員さんの名刺貰わなあかんのよ。

 

ボロボロの格好してるクソガキがどの流れで名刺貰ったらいいんかな?

めちゃめちゃ考えたわ。

 

そしたら店員さんが私に話しかけてきてくれて

私も必死に客のフリ。

 

店員「なにかお探しですかー?^_^」

私「新しい靴を探しててー^_^」

チラッと私の靴を見る店員。

まじボロボロのadidasの靴。(チョーお気に入り)

店員が一瞬、え、お前ほんまにこの店で靴買うん?みたいな顔をしたような気がしたけどきっと気のせいだろう。

そう思わないと私の心のピースはバラバラになってしまう。

 

そしたらおすすめはこちらでーって出された靴が10万超えてた。

嘘やん!靴に10万?!って飛び上がりそうになった。

1万円の靴買った時も悩みに悩み抜いて血みどろなりながらお金払ったけど、

それの10倍?!?!

いやしかし私はミステリーショッパー

今日はセレブなふりしなければならん。

 

「うわーめっちゃ可愛いですねー!これってお手入れはどうしたらいいですかー?」

と、さも10万円なら払えるみたいな顔しながら質問。ボロボロの靴にボロボロの服に300円のトートバッグ持ちながらも10万円なら許容範囲みたいな顔して質問した。

店員さんは細かく答えてくれてるんやけど、なんか目死んでない?

すっごい死んだ目で私に説明してない?

疲れてるのかな?きっとそうよね。

 

やっぱり300円の鞄はあかんかったか?

そこのブランドの鞄持ってきてたらもっと目を輝かせながら話てくれた?

オカンが持ってる15万のここのブランドの鞄持ってきてたらよかった?

それやと次は鞄だけめちゃくちゃに浮くぞ〜!

それに、命に代えても鞄だけは守らなあかんくなってしまうから気も重い。

私が車に跳ねられたとしたら、オカンまず最初に鞄の安否確かめるやろって思うわ。

15万の鞄に負ける娘の命。

 

まぁね、そんなことを考えながらも色々教えて貰って、これで調査終了やなって思ったので

思い切って名刺くれませんか?と頼んだ。

そしたらすごいびっくりしながら「え?名刺ですか?」って言われた。

はい、、、、一応また考えて買いに来たいので……と答えて

向こうもあぁ、それなら……って名刺くれたから

名刺もろてそのまま家に帰って調査書を提出して、後日2000円貰いました。

 

色々しんどかったけど、名刺貰うのが何よりしんどかった。

え?お前ごときの人間に名刺渡すん?

って顔をされたのが辛ぽょ。

 

私は家に帰って、靴を洗いました。

ちょっと綺麗になりました。

心が少しスッキリしました。

もう高級店のミステリーショッパーはしないでおこうと心に決めました。

 

おわり。

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村