ネガティヴスのブログ

強く生きていきます。twitterもやってます→@sng2405

働かずに生きていく方法を熱弁した話

昨日は華の金曜日で、同期と牛丼を買って夜桜を見に行ってきました。

桜は咲いてるんやけど、ライトアップがされてないから、真っ暗。

一切の光が無かったから、ただの木と変わりなかった。

「これ、咲いていても咲いてなくても分からないね」

「これなら家で牛丼食べたほうが有意義だったね。足痒いし」

「この一瞬で蚊に噛まれすぎじゃない?」

「わりと噛まれるタイプ」

なんて文句垂れながら暗闇にあるシルエット状態になってる木をみながら

夜桜を楽しみました。

 

内容はもっぱら働きたくないにつきる。

「これがあと何十年もあるとかやばくない?」

「懲役40年って言うけど、実際はもっと働かないとだめじゃん」

「どうせ結婚できねぇからマンション買うわ」

と夜桜にふさわしくない話題を酒を飲み、そして牛丼をかきこみながらしゃべる。

 

もうとにもかくにも働きたくない。同期と話してより強い気持ちになりましてね

家帰って、パソコンをつけて働かずに飯食う方法を調べる。

そしたら投資とかFXとかパパ見つけるとか金買うとか色々出てきてね。

金買うのはいずれ本当にやろうと思ってるんやけど、金を買うのに200万いるからさ。

その為に必死こいて働かないとダメなわけで。

FXも株も、仮に失敗しても借金にならんような資本金が最初にいるなーって思ってさ。

お金借りてFXしたら絶対に全部溶かして体売るしかなくなりますし。

体売るってあっちね。臓器売る方。

そんな中で一つ治験と言うものを見つけました。

治験は簡単に言えば、ボランティアで臨床試験して、医療を促進していくでーみたいな。

人の役に立つしめっちゃいいボランティアなんですわ。

それに、負担軽減費?かそんなんのお金がもらえるのよ。

めっちゃいいやんって思いましたよね。

自分に生きてる価値ないと思って生きてきたから、そんな私にピッタリのボランティア。

人の役に立ってお金も貰える。

さっそくブラザーに言いましてね。

私「治験で生きていこうと思うのだけども」

同じく社会人でへとへとになりまくってるブラザーはそれを聞いて「めっちゃいいやん。お前がやっと社会の役に立てるんやな」と、ご満悦。

それを聞いて両親が「けど、危ないんじゃない?死ぬかもしれないし……」と不安の表情。

「カモメが死んだら、その分莫大なお金が入るから叙々苑も行けるし俺はにっこりや」

とブラザーがフォローしてくれてね。(実際に日本の治験で死んだ人はおらんし、本当に安全なやつしかやってないからね!海外ではもうすでに使われてる薬を試したりするだけ)

「それにカモメの奨学金は機関保証やからこいつが死んでも俺らが背負うことはない!だから今なら死に得!」と熱弁。

近々何かでうちが死んだら多分犯人は実の兄なんでよろしくやで。

 

で、治験で食っていくので、仕事辞めますわと言ったら……

治験は一回したら4ヶ月空けないとだめなのと、女の治験が男に比べて圧倒的に少ないことが分かって、どう考えても生きていけないことが分かりましてね。

 

私は死ぬまで働き続けないといけないみたいです。

みんな、頑張りましょう。