ネガティヴスのブログ

強く生きていきます。twitterもやってます→@sng2405

ブラック企業

ネットで職種について調べた結果。


やぁ、久しぶり。

海に2回行ったので、松崎しげるさん並みに黒くなりました。


バイトに行くと、後輩に

「日サロ行かれたんですか?」

と聞かれる始末。自然に焼けました。


そんな黒焦げになった私を見て店長は

「カモメちゃん、ちゃんと日焼け止め塗ったの?」

と聞いてきたので、私は大きく頷いて

「塗ったけど、この有様ですわ」

と、満面の笑みを浮かべると


「可哀想に…」と本当に全てを失った人間に対して向けるような顔をして同情された。


肌が焼けることは、罪なのだろうか?


そんな話は置いといて


一応内定が出たのでわりとゆっくり生きてます。



で、畑違いの仕事をすることになったので、

私は詳しく職種について調べてみようと思いました。



調べると、出てくる出てくる


ブラックだと。


ブラック中のブラック、ベストオブブラックとまで書かれてるサイトもあった。

まっくろくろすけも裸足で逃げ出すほどのブラック具合。


個人的に気に入った文章は

「死んでから勝負だから頑張ろう☆」でした。

死してもなお、働き続ける社会人の鏡。



私は震えて眠れなくなった。


毎日独り言のように「死んでからが勝負…つまりは1回は死んでもセーフ(?)」

と呟いてはマニュキュアを塗り(最近ハマってる)

それでバイトに行くと「可愛いけど、マニュキュア禁止だから落としてね」と怒られる。


しかし、他店にヘルプに行った際、店員が8割ギャルで、皆人を殺せそうなくらいに爪をデコっていた。

あの、尖ったやつね。


「それって、ご飯食べれるんですか?」


「爪でお箸持つわけじゃないから、ヨユーっしょ☆つか、カモメさん爪無さすぎでショ。ゥケル」


「私、深爪をポリシーとしてるんですよ」


「アハハハハハハハハハハハハ!」


深爪やとしても、マニュキュアをしっかり塗りたい。それが私だ。(店舗によってマニュキュア有りとか無しとかやめて、統一してケロケロ)


そんなマニュキュアの件や職種の件で私は追い込まれていった。


どうしたら逃げれるかを考える毎日。


今更、就活を…?こんなにやる気がないのに?


フリーターに…嫌ダメだ、ママンに殺される。


いっそ、既成事実を作って、卒業後結婚して一児のママに…相手がいない!


爪に塗ってもバレない色…肌色? けど、私は今真っ黒だから茶色のマニュキュア…可愛くない!!!



そんなことを考えているときに、私はふと、気になって携帯を開ける


(〇〇(職種) 激務)

と、友達が働くことになっている職業を入れてみる。

出てくる出てくる。ブラックブラックブラック

「今月は休み4日です…毎日サービス残業

悲痛な叫びがネットにはたくさん転がっていた。


(△△ 激務)

「ノルマが酷くて…いっそ死んだほうがいいかなまで考えてます」


(☆☆ 激務)

「忙しいと休憩が10分しかありません…辛い」


どの職種を調べてもブラックだらけでした。

大丈夫か、日本の未来。



ちなみに、ストレス指数0は、自宅警備員だそうです。

f:id:sng405:20160904145250p:plain



あ〜〜自宅警備したいよぉぉぉぉぉ




春から社会人、頑張ります。