ネガティヴスのブログ

強く生きていきます。twitterもやってます→@sng2405

夏のおもひで

だんだんと暑くなってきましたね。

夏になると思い出す…。

ムーミンのことを…。


ムーミンって、あのムーミンね。

こんなやつ↓

f:id:sng405:20160609212444j:plain


私の友達に、ムーミンそっくりな子がいる。

あだ名はムーミンをもじって、ムータンと呼ばれている。


ムータンはとても変わった女の子で、タレ目が特徴だ。そして、ふわふわとフニャフニャのサラブレッドみたいな性格をしている。


ムータンは呼べば絶対に来る子で、知らない人が何人来ようと、ムータンはやってくる。


「ムータン、私の友達数人で海行くんだけど、来る?」


ムータン「行く( ´ ▽ ` )」



男女合わせて8人(4対4)で海に行くことになり

BBQをしようということになった。



女のメンバーは、ムータン 私 A子 B子となっていて、BBQの材料(肉以外)は私達で用意することになり、各自分担して野菜を用意した。


ムータン「他に何か持っていくものはあるかなぁ?」

と、ムータンは目をキラキラと輝かせて聞いてきたので


レジャーシートと、海にふさわしいと思うものを持ってきてね!

と伝えた。


BBQ当日

ムータンは、登山者も顔負けなくらい大きなリュックでやってきた。

f:id:sng405:20160609212504j:plain


中に何が入っているのか聞いたら

小さなレジャーシート8枚に、

シャボン玉と、縄跳びを取り出して、ムータンは御満悦。


レジャーシートそんなに持ってきてくれたんだ!

とムータンの頭を撫でたら


「妹のレジャーシートも借りた!

顔面に唾吐かれたけど!」

と照れくさそうに笑った。


ちなみに妹は何歳?と聞くと

気まづそうに「10歳…」と答えた。


10歳に唾吐かれる大学2年生(20歳)


そんな訳でなんやかんやとBBQの準備を始める。

A子とB子は女子力が高く(そして顔も可愛い)

せっせと男子の手伝いをしていく。


そんな中ムータンは1人でシャボン玉を吹いていた。

超絶可愛いよ!


ムータンが手伝うと逆に面倒なことになるので、皆はにこやかにムータンを眺めながらも、準備を済ませ、肉を焼いていく。


肉が焼かれるとすぐにムータンは箸を持って前に座り込む。


「ムータン、まだ肉焼けてないから待っててね」


A子がそういうと、ムータンは手を上げて「はーい!」と答えた。


か、可愛い…。


そして少しだけ待って、ムータンは速攻肉を口に入れた。


「こら!まだそれ生焼けだから食べちゃダメだ!」


私が怒るとムータンはビックリして「ごめんなさい!」と言って肉を網に戻した。


口に入れたものを普通に戻して置いた。


可愛い。


なんやかんやで、肉も焼けBBQが始まり楽しい時間を過ごした。


マシュマロを焼いたらドロドロに溶け

「あわわわわわ〜!!」

とムータンはパニックになっていた。


食事の時間も終わり、皆で海に入る。


A子とB子は足をつけ「冷たあい☆」なんて可愛く言っている。

そこに男子も加わり「うわぁ!すげぇ気持ちい!」

なんて仲良く盛り上がっていると


ムータンだけズブズブと海の中に入って行き、首が出るくらいの深さまでいき、溺れたフリをし始めた。

「助けてぇ〜!助けてぇ〜!仙崎さあああああん!」


どうやら、ムータンは海猿が大好きなようだ。


私は海猿を観ていないので、立ちすくんでいると


男子の中でノリだけで生きているような男の子が

「水面よーし!」と叫んで、海に飛び込んだ。


そしてムータンを助け「救助しました!!!」と陸につれてきた。


ムータンはそれが楽しかったようで

キャッキャキャッキャと海にまた溺れにいった。

そしてまた男の子が助けにいく。


10回くらいムータンは繰り返し

最終的に「これ本当にしんどいから止めて」

とマジで怒られてシュンとしていた(可愛い)


そして、夜になり花火をしようとなって、

ムータンはそれはそれは嬉しそうにキャッキャと喜んだ。

「ムータン、花火は危ないから人に向けたらダメよ」

「分かった!花火持って走ってもいい?!」

「いいけど、転けないように気をつけてね」

「分かったあ!」


ムータンは火のついた花火を渡され

それはそれは楽しそうに走り始めた。

「わ〜い!      ギャアアアアアアア!」

ネタみたいにムータンは転んだ。


その日から私はムータンが大好きなった。


そして、夏が近づくとムータンのこの出来事を思い出す。


今年も海に…ムータンを誘おう。


ps.内定出ましたが、畑違いすぎてパニックになっています。

そのことはまた後日。。。