ネガティヴスのブログ

強く生きていきます。twitterもやってます→@sng2405

横を見れば友達がいた(inグループ面接)



お祈りメールが届く毎日だが、めそめそはしていられない。

無理だったのは縁が無かったと思って次にいかないといけない。


そう、まるで恋愛のようですな。


ある会社のグループ面接に行ってきた。


まずは席に座らされ、面接の順番が来るまで横の方とお喋りでもして、仲良くなってください〜☆〜(ゝ。∂)

と社員の方々に言われ、私達就活生は一斉に挨拶をはじめた。


私もいかんせん友達が少ないもので、新たな出会いに胸躍らせて、横の方に挨拶をした。


「はじめまして☆〜(ゝ。∂)」

横の人もつられて「はじめまして☆〜(ゝ。∂)」

と返してくれて、顔を合わせた瞬間


「あっ」ってなった。


田中じゃん。

大事な友達ランキングで5本の指に入るくらい仲が良い田中じゃん。

超絶知り合いじゃん。

初めましてでもなんでもねぇ。


「すっげぇ!田中来てたんだ!」

私はマブダチがいたことが嬉しくてテンションが上がる。

(就活あるある①落ちた時気まずいから、受ける会社はあんまり友達に言わない)


すると田中は苦虫を噛み潰したような顔をして、私を見た。

「かもめが横ってことは、グループ面接一緒ってことかよ。。。」


苦虫で思い出したが、大学の先輩に「砂糖を噛み潰したような顔でさぁ〜」って言う人がいたなぁ。

すごく幸せな顔ですね。


「いやいや(笑)さすがにグループ面接一緒になるわけ(笑)」


そりゃー、横に座ってるんだから、面接もその順番だよね。


もちろん田中も一緒になったよね。


後日、その話を母親にした時に

「良いことじゃない?気兼ねなく話せる友達が横にいたら心強いんじゃないの?」

と言われた。

馬鹿か…お前、、、馬鹿か!


私と田中は小学校から一緒の腐れ縁だ。

お互い給食当番でスプーンを落としてクラスメイトの男子達に文句を言われて(許さんぞ)共に涙を流した頃から私達は一緒にいる。


そして、お互い成長して大学生になった。

私達は恐ろしい程に…意識が低い。

田中の口癖は「どうせ私は二酸化炭素を吐いて地球温暖化を促進することしかできないクズですよ」だ。

ちなみに私の口癖は「生きててごめん」


お互いこれだけ意識が低く、共にクズな部分をさらけ出しているからこそ


就活の時の姿を見られるのは非常に恥ずかしい。


「御社の〜〜に感銘を受けたからです!」

思ってないだろ。プププ


「地域を活性化させる為に!私は!」

嘘つけよ。プププ


そんなお互い恥ずかしい思いをしながらグループ面接を乗り切った。


そして、選考の結果


2人一緒に落ちた。


5次選考まである中での1次選考で落ちた。


まるで嘘みたいな話だろ?


…ノンフィクションなんだぜ。