ネガティヴスのブログ

強く生きていきます。twitterもやってます→@sng2405

一次選考通った。

こんにちは。

昨日、一社から選考通過の連絡がきました。


やっと、やっと、、、、一次選考クリアできた。

二次選考は、グループワークと作文だそうで。


文系なんですが、ソフトウェアの会社を受けました。(the☆理系)


この会社は一次がwebテストで、SPIでした。


私は、死ぬほど数学ができません。

小5で算数につまずいてからは、コロコロコロコロとおにぎりのように底辺に転げ落ちていきました。


双子の兄であるブラザーは私と同じで文系向きの男だったんですが


父親が「就職する時理系の方が良いみたいよ」

と、言った時に

「じゃぁ、ワイ理系にシフトチェンジするでぇ〜」

となり、高2から理系コースに進むという自殺行為をしましたが


死ぬほど勉強を頑張り、有名大学の工学部に無事、進学することができました。


私は大学受験も、それはそれは綺麗な円を描いて転がり、滑って滑ってFラン大学に無事入学☆


そんな底辺の私に同情して、兄がSPIを教えてくれることになりました。


私は基礎の基礎ができておらず

ブラザーはドンドンと鬼と化していきました。


ブラザー「この問題の意味は分かる?」

私「わかりまてん」

ブラザー「じゃあ、これは?」

私「言ってる意味がわかりまてん」

ブラザー「これ」

私「わかりまてん」

ブラザー「くそったれ!!!!!!!」

私「おめぇの教え方が下手くそなんだよ!!」

ブラザー「てめぇ…!ぶっころしてやる!」

私「ぐぇぇぇ!!!」



こんなやりとりが続き、問題が解けないとそれはそれは厳しい教育が行われ、私は涙をのんで勉強し続けました。


そのおかげで基礎ができ、SPIも無事クリアして、一次選考を通過できました。



「受かった!!!!」

喜びで家中を駆け回っていると、ブラザーが降りてきました。


「おめでとう」

「ありがとう!」

「誰のおかげ?」

「ブラザーのおかげ」

「じゃあ、分かるよね?」


そして、私はブラザーから500円を奪い取られた。


まぁ…安くですんだほうか。

広告を非表示にする