ネガティヴスのブログ

強く生きていきます。twitterもやってます→@sng2405

アンドー君のアンドーが巨神兵だった話

こんばんわ。

最近どんどこどんとアクセス数が増えてて嬉しい限りです。

こんな下ネタのしょーもないブログを見てくれてありがとうございます。

今日もひどい下ネタなのでよろしくオニャシャス。

 

前回はアンド―君とアンド―をするチャンスだったんですが私が風邪を引くという痛恨の失態を犯してしまい、アンド―君のアンド―をどうこうすることができず、悔しさからケツ穴に指をブッ刺したりしたわけですが、またチャンスが舞い降りましてね。

 

私の家にアンド―君が遊びに来てくれまして。

両親は仕事で家を出ていて絶好のチャンス。

だけど、残念なことにブラザーも休みで家にいまして。

そして、私の家は驚く程に壁が薄くてですね。

横の家の会話にナチュラルに参加できるくらいに壁が薄くて。

こんなに薄かったらアンド―君との情事がばれてしまう。

だけどせっかくのチャンス。

 

私はブラザーを呼び出しましてね。やっぱり双子で血を分けた兄妹なので話せばわかってくれると思います。

 

私「ちょっと今日一日家を空けてくれへんか」

ブラザー「なんで」

私「彼氏がくるからちょっと一試合交えたくて」

ブラザー「知りたくなかった。身内の性事情」

私「年頃の女やからこればっかりは仕方ない」

ブラザー「まあしゃあない。そういうことなら友達と麻雀してくるわ」

 

物わかりの良いブラザーを無事に追い出すことが出来て

アンド―君はやってきた。

 

私の部屋できゃっきゃうふふとお喋りをして、そういう空気になりましてね。

さぁ、もう堂々とアンド―君のアンド―(別名ち〇こ)に触れるぞと。

意気揚々とアンド―君のアンド―(別名ちん〇)に触って固まったよね。

 

え、聞いてない。でかすぎる。

は?って自然に声が出るくらいでかいんですわ。

 

「やだ、大きい・・・・/////」なんて顔を赤らめる余裕ないくらいでかい。

 

「は?何、え?でかすぎじゃない?」って咄嗟に言葉出たわ。

なんやこれ化け物がやつの股間に住んでるぞ

f:id:sng405:20170922124729p:plain

股間にイエティー飼ってる人初めてみた。

 

アンド―君はにやにやしながら「え、そうかな?」つって笑ってた。

どう考えてもでかい。

 

そこでね、ある問題が浮かび上がってきまして。

これ入らないんじゃね?と。

 

まあまあまあ。まだ焦る時間ではない。

ズボンの上からやから、まだ本物のちんこ(別名アンドー)を見てない。

本当はきっと、愛らしくちょこんと佇んでるようなきっと品のある子がいるに決まってる。

 

そう期待を込めてアンドー君のズボンを思いっきり脱がしたんですけどね。

アンドー君が「ぎゃあああ恥ずかしい」つって隠れようとしたけどまあ凝視しますわな。

 

愛らしさ0。

 ちょこんと座ってるなんてレベルじゃなかった。

圧倒的存在感。

社長クラス。

社長椅子に偉そうに座ってる社長がいた。

入るわけがない。

 

怖気付いた私はアンドー君に「確かに私達は付き合ってるけど、まだ突き合うのは早い気がする」

と彼に告げた。

 

 

続く

 

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

   

 

恋人ができて変わったこと

アンドー君と付き合ってから色々と変わったことがあるので、それについて書いていこうと思います。

 

まず、街を歩いていて声をかけられる回数が劇的に増えました。

これは本当に私もビックリでね。

今まで声をかけられることなんて皆無だったんだけど、付き合ってから声をかけられるかけられる。

最近では、栄えたところにお出かけしたら1日で3人に声をかけられたんだよね。

すごくない?

 

1人目はエステの仕事に興味ない?って声をかけられましてね。女の人から。

ええ、もちろん女の人ですよ。

男っていいました?ねぇ?

声をかけられる=ナンパ=男

って思ってる人は固定概念を取り払いなさい。 

その危険思想は国を滅ぼしかねない。

 

そして、その仕事をなんとか断って

その5分後にもう1人に声かけられてん。

すごくない?

やっぱり彼氏ができると変わるんやなー。

内面から何かこうキラキラが出てるっていうのかな?

押さえきれてないっていうか?私の輝き?

え?声かけてきた人の性別?

母親くらいの年齢の女の人やけど?

なんでまだ男やと思ったんかな?

その考えこそが戦争の始まりやで?

いきなり笑顔で私の横にやってきて「こんにちは。一緒に神様へお祈りしませんか?」

って、言われてそこから結構なしつこさでね。

 

「ごめんなさい時間がないので、、、、」って断っても

「お祈りは5分もかかりませんので!聖書の第○○説(?)だけの朗読になりますので」と熱いパトスで帰してくれない。

 

「神様は信じてないので。私が信じてるのは、、、」って言って逃げようと思ったけど

「神への冒涜だ!八つ裂きにしてやる!」ってガチ切れされそうで言えず。

ただひたすらに「いやもう本当時間ないんで、、、あぁもうヤバイ。すいません本当時間ないんですいません本当時間ないんです」

 

「本当に無理ですか?あの5分もかからないし歩きながらでも大丈夫ですよ?」

「いやもう本当すみませんもう本当すいません本当許してください。」

歩きながら神様へお祈りするってどうなん。

それなら立ち止まってお祈りできるひとを探すべきだと思いましたね。

 

 

危うく組織に入れられそうになりながらも、とにもかくにも逃げ出すことに成功して

私はまた街を歩いていた。

 

一日に2回も(女)に声をかけられるなんて一度もなかったからやっぱりこれが彼氏ができたパワーかーと思って、ちょっと休憩しようとカフェに入りましてね。

私は二人掛けのところに座っていたら相席いいですかって男の人が座ってきましてね。

店内も混んでたので全然いいですよと言いまして。

 

これはすごいやん?男の人やで!?

神のお祈りの人でもエステの人でもなく普通の男の人!

 

 

それでその男の人は結構私に話しかけてくれてね。これはもう仲良くなるの間違いない。

男の人「最近物忘れが激しくてすぐに忘れちゃうんだよね」

私「あははは」

そんなこんなで10分くらい話して私は外に出たんやけど、まぁ仲よくなりましたよ。

分かったことは、その男の人のお孫さんが私より1つ下ってことかな。

今就活頑張ってるそうで。

 

え?その男の人の年齢?80歳くらいに見えたけど、年齢って関係あるのかな?

声をかけられる=男=若い=ナンパ

これは完全に危険思想。この国家が独裁国家やったら今頃あなたは矯正施設に入れられてると思うで。

 

 

まぁ、彼氏ができても、顔が可愛くなることはないので

変わらずブスのままですっ☆

 

・・・・・・誰かハンカチ持ってない?

 

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

   

 

爪痕を残したいお年頃

前回の続きです。

 

そいで、また私は布団をチクショーチクショーと噛んで、欲望に悶えながらも、気づいたら寝てました。

母親が四足歩行で「あんたもう風呂入ったんか?!」って怒りながらこっちに向かってくるっていうソコソコ気持ち悪い夢を見たんやけどね。

やっぱり熱があると悪夢にうなされるんやなと思ったわ。

 

そんで目が覚めたらアンドー君が横で寝ながらスマホ触ってて。

私を見て「あ、起きたんや。後でアイス食べる?あ、プリンもあるし、食べれそうなら食べてね」と言ってくれまして。

嬉しい。とっても嬉しい。

しかし、私と一緒にいたら風邪がうつってしまう。

「いやいやいやいや、横おったら風邪うつるよ!ごめんなベッド占領してて、ソファーに移らさせてもらうわ」

って言って立ち上がろうとしたら、アンドー君に腕を引っ張られ抱きしめられて

「ええよー別に俺はうつっても」と、、、、

 

 

好きー!!!!!!

超絶好きー!!!!!

まるで漫画ーー!!!!!!

嘘みたいで本当の話ーーー!!!!

生きててよかったーー!!!

ありがとー!!!!!!

 

 

こんなベタベタな恋愛ができるとは思ってなかったよ(四足歩行の)母さん。。。

 

そんで何度言ってもアンドー君は私の横からどこうとはせず、風邪で寝込んでる私を元気つけようと、ラーメンを食べまくってるユーチューバーの動画を何回も見せてくれました。

 

アンドー君「やばない?このドロドロのラーメン」

私「沼やん」

アンドー君「ほら、これもすごない?豚肉だけで腹いっぱいなりそう」

私「沼やん」

アンドー君「ほらこれなんか箸がラーメンに刺さるくらいドロドロ!」

私「沼やん」

 アンドー君「うわーラーメン食べたくなってきたな。今から天下一品でも食べに行く?」

私「正気か?」

 

そんなこんなで風邪を引きながらも楽しい時間を過ごしたんやけど、やっぱり気になることが一つ。

 

そう、前回の記事でも書いていたけど

私は今日、アンドー君とアンドーする気満々やった。

 

今まで男の家に呼ばれては夜通しゲームの話をして朝がきて、

またある時はゲームを実際にして朝日を迎えたりと、そんなことばっかだった。

 

しかし、今回はきちんとした恋人。

家に2人きりでお泊り。

もう完全にアンドーできると思ってた。

 

そう考えると悲しくて悲しくて

 

アンドー君も血気盛んな21歳。

きっとアンドーしたかったに違いない。

申し訳ない。申し訳ない。けど風邪を引いてる今そんなことはできない。

けど、やっぱりどうにかしたい。

やっぱりチ○コを舐めたらいいのか?

そしたら風邪がうつるかもしれない。

しかし2人きりなんて滅多にないチャンス

どうにか爪痕を残して帰りたい。

爪痕。。。

 

「ぎゃああああああああああああ!!!!!」

 

えー、思い切りね、アンドー君の尻に指をぶっ刺しまして、物理的に爪痕を残そうとしましてね

 

「犯されるのは嫌よー!!」とアンドー君は甲高い声で叫びながらお尻を抑えてベッドから転げ落ちたけど

どこか満足そうな顔をしているように見えました。

 

アンドー君とアンドーできなかったけど

爪痕残せたので満足です。

次の日に家に帰って安静にして風邪は無事治りました。

 

次こそはかましてきます。

おわり。

 

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

   

 

熱が出た時は真実の愛を知るチャンス

いやどうも更新が遅れてしまってすみません。

更新してなくても結構な人達が見に来てくれてて驚いたよ!

皆私のファン?愛してるよ!

 

いやね、風邪を私引きましてね。それで更新が遅れて。

今日はそのことについて書こうと思う。

 

アンドー君の家にこの前遊びに行ってさ

お父さんは単身赴任で家に元々おらず、お母さんが友達と旅行に出かけ、兄弟も運良く友達の家に泊まりに行っていると。

だから、家に誰もいないし泊まりに来ない?って。

 

もうついに来たぞと。

アンドー君のアンドーとアンドーする日が来たぞと。

付き合ってもうすぐ2ヶ月やしアンドーするにはもってこいやと思いましたわ。

 

そいでアンドー君の家にいけしゃあしゃあと乗り込んで、一緒に晩御飯を作ることに。

「あ、材料無いから一緒に買いにいこかー」とアンドー君が車を出してくれて2人でスーパーに。

 

スーパーでは2人で色々と見て回って

「今日は肉じゃがにしよっか」ってなったから肉じゃがに必要な材料を選んでってしてたんやけど

まるで夫婦みたいでめっちゃ楽しい。

なんやこの幸せ。

 

そんで幸せを噛みしめてる時に急激に体がだるくなり始めてさ。

まあしかしまだ焦る時間ではない。

 

買い物済ませて家帰って肉じゃが作って食べてとラブラブに過ごしてるんやけども

 

まあ体が熱い熱い。

アンドー君もそれに気づいて「顔赤くない?」と。

「そんなことないよー」って返すけどどう考えても顔が熱い。

ゆでダコになりそうや。

 

「ちょっと熱計ってみ」と体温計を渡されて計ったら

37.5度

 

微熱やー!!!

普段の平熱が35度台なものでものごっつしんどい。

 

「かもめちゃん熱あるやん!ほら!すぐ温かい格好して休み!」とベッドに連れて行ってもらい、布団やら毛布でぐるぐる巻きにされまして。

 

「俺ちょっと出かけてくるから待っててな!」と風の速さでアンドー君は出かけていきまして。 

 

私はぐるぐる巻きになっている布団やらの中で色々と考えた。

 

・付き合って2ヶ月

・彼氏の家でお泊り

・家族はいない

・2人きり

・年頃の男女が一つ屋根のしたにいて何も起きないはずがなく……?

 

「完全に役満やないかーい!!!」

叫んだわ。

麻雀やったら確実に一人勝ちしてたもん。

 

f:id:sng405:20171025143244p:plain

 

そんな役満状態やのに風邪を引いてる。

チクショー!チクショー!と布団を噛んでヒーヒー唸ってたらアンドー君が帰ってきて、ポカリや冷えピタやらを机にどかどかと置いて、私のおでこに冷えピタをぺたりと貼ってくれた。

 

「今日はゆっくり休んで風邪治してな」と。

ほっぺにチューまでしてくれたわけよ。

なんだこいつ。王子様かよ。

抱いてくれよ。

むしろ抱かせてくれ。

なんなら掘らせてくれ。

病気で頭を冷やしている人のイラスト

感極まって「お礼にチ○コ舐めようか?」って聞いちゃったよね。

そしたら「こんな時まで欲情にまみれるなよ……」と軽く引きながら彼は部屋を出ていった。

 

そら役満やねんから欲情にまみれるさ

 

つづく

 

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

   

 

エロ本は小学生時代の宝

皆さんこのブログを読んでくれてありがとう。

このブログを読んだらわかると思うのですが

まあ私は下ネタが好きだ。

人間の三大欲求で3つとも突き抜けてるくらい

めっちゃ寝るしめっちゃ食べるしめっちゃ下ネタ好きやしと言う、

女としては最低のスペックで生きております。

 

そんな私は、小学生の頃にエロに大きな憧れを抱いていた。

小学校低学年の頃は

友達と古本屋に行ってはエロ本を読む。

友達と河川敷に行ってはエロ本を探す。

小学校高学年の頃は

友達の家でエロいサイトを見る。

 

と、エロを追いかけ回していました。

類は友を呼ぶと言うように

私の周りは同じく性欲にまみれた人達ばかりやったので

それはそれはエロを力を合わせて追求しておりました。

今日は、その中でのエピソードを一つ話そうと思う。

 

 

 

 当時小学2年生だった私は家が近所でいつも遊んでいたマーちゃんと言う友達がいた。

マーちゃんは人の悪口を言わない子で心の優しいいたって普通の女の子だ。

マーちゃんは22歳になった現在も仲が良く、変わらず心の優しい清楚な女性へと変貌を遂げていた。

しかし彼氏ができてからは性に溺れ

「この前彼氏と生でやってん。やばくない?あっはっはっ!出来たら結婚してくれるかなー、、、そうや!ゼクシィ買いにいかん?」とロックンロールな女になっていたが、まぁその話は置いておこう。

 

 

そして、小学二年生の時、マーちゃんと公園で遊んでいたら、どういうわけかエロ本の話になった。

小2でエロ本の話をしているところを見ると、将来こうなるのは仕方ない気がしてくるよね。

私はエロに溺れ、マーちゃんは彼氏との情事に溺れるのも頷ける。

そして、マーちゃんが驚きの言葉を口にした。

「私の家にエッチに本があるんだ」と。

 

え?それどんな本?内容は?ねぇねぇ内容は?と聞くと

おっぱい舐めてパンツに手を突っ込んでるシーンがあったと。

 

これは完全なるエロ本だ。

当時の私は大興奮。その本を見せてくれとせがみにせがむ。

けどまだやっぱり子どもやからエロが大好きなくせにどこか興味ないみたいなフリもしちゃうわけでさ。

エロ本の話してて興味ないとか頭おかしいんかって思うけど

必死に興味ない振りしながら「う~ん。普通に漫画読みたいしそれも見てみよっかな」とか言ってどうにかこうにかマーちゃんの家に上がり込むことが成功する。

 

まずは当時大人気やった『カードキャプターさくら』を手に取って「さくらちゃんって可愛いよねー」なんていいながら読む。

実際はそんなことよりもエロ本が気になって仕方ないがまるでカードキャプターさくらを読むためだけに来たみたいな顔しながら読む。

 

そんで少し時間が経ってから「あ、そういえばさっき言ってた本はどんなの?」って興味ない感じで聞いたらマーちゃんがこれこれつって私に漫画を一冊渡してくれた。

 

ぼのぼの

f:id:sng405:20171014145448j:image

は?

 

「え、これ?」と私が聞くと、マーちゃんがこのシーンこのシーンってひらけて見せてくれたんやけどさ、

あまりに昔のことやから詳しく覚えてないんやけど、たしかにおっぱい吸ってんのよ。

赤ちゃんがお母さんのおっぱい。

うん。嘘はついてない。

 

 「パンツに手を入れてるってのは……?」

「それはこっちかな」と違う巻数のぼのぼのを取って見せてくれた。

たしかになんかのシーンで手を突っ込んでるシーンがあった。

嘘はついてない。

マーちゃんはなに一つとして嘘はついてない。

だけど、お前……こりゃねえぜ

 

私は悔し涙を流しながらトボトボと家に帰った。

 

今思い返してみても涙無しでは語れない、そんな思い出です。

 

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

 

怒涛の一週間耐久レース

アンドー君と会うのを我慢しようという話になりましてね

 

私も22歳。それなりに我慢を覚えた立派な大人。

自分の時間も大切にできてこそ恋愛も上手く行くってものなのでね。

 

とりあえず一週間は我慢しようということになりまして。

まぁ一週間なら余裕やろうとね。

たかだか一週間やからね。

瞬きしたら終わってるくらい一瞬ですぎると思っていました。

 

我慢大会1日目。

 

結構普通にもう辛い。

会いたい気持ちでいっぱいになりながらもなんとか仕事をこなす。

まあしかし、まだ焦る時間ではない。

 

我慢大会2日目。

寝ても覚めてもアンドー君のことしか考えられなくなる。

仕事をしててもふとした時に「あ、アンドー君」

家に帰って心を落ち着ける為に漫画を読もうと思いましてね、カイジがビルとビルの間を歩いているシーンを見て「あ、アンドー君」

 

テレビで犯罪者についてのニュースが流れてるのを見て「あ!アンドー君!」

父親と母親が言い合いしてるところを見て「あぁ!そうだ!アンドー君」

 

もう何を見てもアンドー君を思い出してしまう。

そろそろ焦りを感じ始める。

 

我慢大会3日目

煩悩に支配され仕事に支障を来たし始める。

家に帰ってから煩悩を抑える為クッキーを焼く。

見た目はものすごくクッキーらしい、クッキーの中でもレベルの高いクッキーが完成する。

食べたら板のように硬かった。

普通に美味しくない。

 

 

我慢大会4日目

アンドー君の会社の前で待ち伏せする。

 

ダメだったー!!!3日間しか我慢できなかったー!!!!

LINEだけじゃ満足ならねえー!!

 

アンドー君に「今会社の前にいるよー(*^^*)」とLINEを送ると「まじで?!もう少し待ってな!」と返事がきて、それから数十分してアンドー君はやってきた。

ああ、やっぱりカッコいい……。

 

彼は私を見るなり「我慢できなくなるの早すぎやろ!」とイケメンスマイルを見せた後に

「約束って知ってる?」と聞いてきた。

 

「知ってはいるが、このままやと罪を犯してしまいそうになるので、己を保つために来た次第でござる」

「罪を犯すとは?」

「煩悩に支配されてるから、あんたを誘拐して1500回掘る」

「かもめちゃんってチ○コついてるんや」

「いや、大根とか持ってきてさ」

「ほんまにやめて」

 

そんなこんなでいつもお喋りをしている公園に行って2人で色々と話す。

 

アンドー「いやー正直俺も我慢の限界やったからかもめちゃん来てくれて嬉しかったよ」

私「やっぱり一週間は無理やなあ」

アンドー「たしかに」

 

そこでまた討論を重ねた結果、

会える時には会えるだけ会おう。

と言う結果になりました。

 

そして4日ぶりと言うこともあり公園でそれはそれは盛り上がりを見せまして

蚊に足を何十箇所も咬まれるというサプライズもいただいて、帰りの電車で死ぬほど痒くなったので足を掻きに掻いたらまあ血まみれになりましてな。

家に帰るなり父親がその足見て「ギャッ!」つって

「かもめもしかしてDVされてたりする?」と聞いて来たので「蚊に咬まれた」と返したら「そっかー」でまた会話が終わりまして。

 

ほんま娘の恋愛関係に対しての興味0。

永遠の0

私は自由。

 

っていう話。

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

 

会うのが我慢できないお年頃

世の中のカップルの皆さんにお聞きしたいことがある。

「恋人と週何回会ってますか?」と。

 

今まで付き合って来た人は多くて週2で、基本は週1でした。

中には「俺は月一しか会わぬ」と強い意志を見せて来た人もいましたが、

まあ週一くらいが1番良い感じかなぁと。

会い続けてると自分の時間持てないし

彼氏に依存しすぎなんて良くないんじゃね?と思っていた時代もありました。

 

今現在、アンドー君と怒涛の週4密会。

 

 どれだけ疲れていても、睡眠時間が短くなろうとも

私達は会いに会い続けている。

自分の時間なんて必要なくなった。

彼氏に依存してると言うよりも、憑依している気すらしてきた。

そして半端ないくらいの寝不足になっている。

 

寝不足・夜更かしの男性のイラスト 

休みの日は絶対に会うし、休みじゃなくても会う。

しかし!仕事が忙しくなったら会えない時も来るわけでね、今はお互い時間が作れるけど

仕事ちゅーのには波がありますからね。

 

そこで、私達は会議を開催することにした。

テーマは「会うのを我慢しよう」

 

私「はい、というわけで今回は会いすぎということについて論を述べましょう」

アンドー「今回、あなたとお付き合いしたことで友達から言われた言葉があります。当ててごらんなさい」

私「付き合い悪くなった」

アンドー「はい。大正解」

私「私も友達から言われた言葉があります。当ててごらんなさい」

アンドー「付き合い悪くなった」

私「ご名答」

 

週四で休みの日は絶対に会ってるとなりますと

友達付き合いはクソほど悪くなり

友達から「お前は女友達よりチ○コを取るのか?」と言われましてね。

「あなたよりもチ○コを取ります」と答えたら

爆笑された後に「私も同じ」と言われたものです。

皆男が大好き!

 

今までは恋人がいても、友達との時間も大切にして、自分の時間もちゃんとキープしてたけど

今ではもう。。。

 

アンドー「やっぱり友達付き合いもちゃんとしてこその大人やし、少しはお互い会う時間を、減らした方がいいと思うねんな」

私「そうやな。友達を大切にできるあなたが好き」

アンドー「で、これから仕事忙しくなると会えない時もあると思うから、今から少しずつ会わなくても大丈夫なようにしていかないとあかんと思うねん」

私「そうね。その通り。仕事を頑張るあなたが狂おしい程に好き」

 アンドー「うん。だから次会うのを一週間後にしてみないか?」

私「そうやな。社会人たるもの我慢も必要やな。食べちゃいたいくらい好き」

アンドー「黙れ!」

私「はい。じゃあ、とりあえず一週間は会わないようにしよう」

アンドー「そうしよう。我慢しようとしてるところも可愛い」

私「この一週間は友達との時間も自分の時間も大切にするわ」

アンドー「そういうのとっても大事よな。友達大切にできるところも可愛い」

私「うん、とりあえずはお互い頑張ろう」

アンドー「せやな。もう生きてるそれだけで可愛い」

私「黙れ!」

 

てなわけで、私達の、怒涛の一週間耐久レースが始まりました。

 

つづく

 

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村