ネガティヴスのブログ

強く生きていきます。twitterもやってます→@sng2405

総入れ歯にしてくれ

社会人の皆ー!

飲み会行ってるー??

行きたくもないのに週一で付き合いの飲み会行ってるかー?!

 

私は、週一で歯医者行ってるよー!

haisya.png (514×800)

皆が飲み会行ってる間も、隙あらば歯医者行って削ってるよー!

 

中学一年生の頃から同じ歯医者に行っていて、

「また来週来てくださいねー」と言われ続けて早10年。

こんなに歯医者って続くものやと思わんかった。

 

歯医者継続して10年行き続けるとは思いませんでした。

 

その10年の中で嫌気が指して歯医者から逃げた回数は数知れず。

逃げるから結果延びるという負のスパイラル。

尋常じゃない回数逃げても、笑顔で迎え入れてくれる先生。

毎年お正月に年賀状もくれる。

良いところなのは分かるが、毎週歯医者は疲れる。

そして、親知らずも生え、抜歯したりなんやらして22歳

 

今では神経を抜くか抜かないかで揉めてるくらい成長しました。

 

大学を卒業して、歯医者も自主的に卒業した結果、歯が欠けてしまいましてね

歯医者に行ってまた毎週歯の治療を受けてるんやけど

 

どうやら奥歯の虫歯がレベル高すぎて、神経を抜くしかないって言われまして。

まじかーつって。まぁ仕方ないので抜いてくださいって頼んだら

「ちょっと様子を見ないといけないので・・・・・」と言われて、早2ヶ月。

 

全然神経を抜いてくれる気配がない。

 

 

先生は聖人君子のように優しい方で私はその先生を100パーセントで信頼してる。

そして、先生も10年間の付き合いがあり、子どもの頃から私を見てくれているので、ドンドンと私を信用してくれているように感じる。

 

口開ける時間が尋常じゃなく長くなってきているから。

 

今までは「ずっと口開けてるとしんどいよね?ちょっと休憩でうがいしてね☆」と口が疲れ始めた時にはいつもやめてくれていた。

これが阿吽の呼吸かと思うくらい、いつもベストなタイミングで口を閉じさせてくれていた。

 

しかし最近、やっぱり信頼関係が築けたからかな?

限界突破レベルで口を開けてる。

 

「もう少し我慢してねー」つって

すぐ終わらせようとしてるのか口が閉じれない。

 

ずっと口開けてるとどうしようもなく疲れてきて、痛みも出てくる。

これが拷問かーって思うくらいしんどい。

いつも限界がきて「あががが」って私がうめいて

「ごめんねー、あと少しだからねー」と先生は優しく言ってくれる。

「あががが(いやもうほんま無理)」

「もう少し我慢できるかなー?」

「はい」

 

休憩と言う概念はなくなったようや。

これもきっと信頼関係があるからやと信じてる。

我慢できるかな?と言われたら「はい」としか言いようがない。

明日来てくれるかな?ってタモさんに聞かれて「無理っす」って言える人がいないのと同じように

我慢しろと言われたらするしかない。

 

そんなこんなでいつも瀕死の中治療を受けてるんだけど

 

いっこうに神経は抜いてくれない。

神経抜かずに歯の歯石ばっかり取ってくれてるから

「そろそろ神経抜きませんかね?」って自分から提案したよ私は。

これも信頼関係が築いてるからこそ言える言葉だね。

 

「まだ時は満ちてないんだよねー」って言われてまぁ、変わらず歯石ばっかり取ってくれてるんやけど。

いつ時は満ちるのか教えて欲しい。

 

歯医者ここ10年間「お疲れ様ですもう終了です」って言葉を聞いてないからそろそろ聞きたい。

10年間「来週はいつ頃来れますか?」しか聞いてない。

「ちょっとまだ分からないので帰って予定見て連絡しますねー」って言って半年行かなかったりもしてるからこう延びてるのは否めないけど

そろそろほんまにもう卒業させてくれ。

歯医者代も地味にかかるんや。

 

いいから神経を抜いてくれ。

「今日も奥歯の様子見ますねー」ってちょっと見られてからは歯石を取ってもらうばかり。

 

最近思ったんやけど、歯があるから歯医者に行かないといけないわけやん?

 

つまり歯がなかったら歯医者行かなくてもいいわけやん?

 

最近は総入れ歯になる日が来ることを夢見て生きてます。

頼むからはやく神経抜いてくれ。

そして、口を開ける時間を短縮してくれ。

 

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

   

「可愛い」は魔法の言葉

アンドー君とあいも変わらず会い続けております。

 

一緒にご飯を食べに行ったり、公園でベンチに座って何時間もお喋りをしたり。

すこぶる楽しい毎日を過ごすことができました。

 

今まで自分から好きになった人と付き合ったことがなかったので、もうねあれよ

両想い最高すぎる。

 

それで、アンド―君はとても優しい人で、こんなヒラメのように目が離れてる私のことを「可愛い」「あーめっちゃ可愛い」「本当に可愛い」「今日も可愛い」と褒めに褒めてくれる。

 

君の方が何億倍も可愛いよ。

 

こう何度も可愛い可愛いと褒めていただけると、もしかして私って自分で思うよりも可愛いんじゃね?と思えてくるわけよ。

確認をする為に唯一無二の親友、男前の智也にラインをする。

私「なぁなぁ、もしかしたら私って可愛いのかしら?」

智也「可愛いか可愛いで言えば可愛いけど、可愛くないか可愛くないかで言えば可愛くないよ」

私「可愛いか、可愛くないかで言えば?」

智也「可愛くない」

可愛くないみたいです。

 

危うく自分は可愛いと思ってしまうところやった。

人生辛い。

 

しかし、こんなブスでもアンドー君は可愛いと言ってくれる。

その言葉だけでなんでもできそうになる気がする。

アンドー君がリンゴを持ってきて「このリンゴ、かもめちゃんに潰して欲しいな」って言われたら

その瞬間に握力50超えると思う。

「わー!まるでゴリラみたいだね!顔も似てるし!」ってアンドー君が喜んでくれるなら、リンゴだって素手でつぶす。

 

  アンドー君がいるおかげで世界は輝いて見えるんやけど、問題点が一つ。

帰る時がめちゃくそに辛い。

 

楽しくお喋りをして、そろそろ帰る時間になると、2人して「帰りたくない」「もっと一緒にいたい」「バイバイしたくない」の大合唱。

これだけ聞いたらめっちゃ可愛いカップルやん?

22歳と21歳が帰るのイヤイヤしてるのはまだ年齢的にも大丈夫やと思いたい。

しかしね、

 

アンドー君はめっちゃイケメンで、筋肉もあって背も高く、体もガッシリしてる為、動物に例えるならば絶対にゴリラ。

ハードボイルドなゴリラのキャラクター

これくらいアンド―君はワイルドなゴリラだ。

 

ゴリラ系男子と、可愛い小動物女子なら可愛いらしいもんやと思う。

 しかし、残念なことに、私はアンドー君以上の

 

ガッシリとした体。

肩幅に至ってはほとんどの人間には負けないと自負してるくらいのたくましい肩幅。

アンドー君がゴリラなら、私は間違いなくボスゴリラ。

 

毛深いのでイエティー寄りかもしれない。

 

ゴリラとボスゴリラが「嫌だ帰りたくないよー」とイヤイヤ言っている姿は、他人から

見たらゴリラがドラミングして暴れてるのと同じようなもので。

 

そんな帰る時にドラミングしてしまうくらい、別れが辛い。

ボスゴリラ「ウッホウッホ(帰りたくないよー)ウホウホウホホ!(もっと一緒にいたいよ)」

ゴリラ「ウホホッホ!(俺だって帰りたくない)ウホホホホ!(寂しい)」

 

はぁ……両思いって本当素敵。

今までこんなに帰るのが辛いと思ったことはなかった。

恋人がいた時も、帰るときはアッサリと帰っていた。

ドラミング具合でいけば、

軽く2往復ドラミングして終わっていた。

静かめなボスゴリラやった。

やけど、アンドー君と付き合ってから暴れるボスゴリラになってしまい

隙あらばドラミングしてしまう。

ドラミング我慢しようと思っても気づいたらドコドコドコと胸元を叩いてしまう。

 

バイバイして家に帰っても、アンドー君を思い出してドラミング。

 

仕事をしててもアンドー君を思い出してドラミング。

 

大好きな友達と遊んでいても、ふとしたことでアンドー君を思い出してドラミング。

 

寝ても覚めてもドラミングをしています。

 

っていうドラミング(惚気)

 

ドンドコドン。

 

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

   

ノータッチペアレント

アンドー君とお付き合いをしてから早数週間。

どうなったかと言いますと、

 

引くくらい頻繁に会ってます。

週2〜週4のペースで会っていて

驚きの金の減り。

やっぱり会うのにお金はかかりますやん?

飛んでいく飛んでいく私の給料

f:id:sng405:20170801134149p:plain

例えお金がなくなって餓死する未来が待っているとしても

私はアンド―君に会いにいくのをやめないだろう。

 

それくらい会いたい。

あまりに会いすぎて付き合いたてとは思えないくらい絆が深まっております。

 

どれくらい深まったかと言うと、

前回の記事で書いたこのホモビデオ↓

sng2405.hatenablog.com

の真似を2人でしてるくらいには仲良くなっています。

 

アンドー君「先輩好きっす!」

私「俺もお前が好きだ」

アンドー君「先輩犯してもいいっすか?!」

私「好きにしろ(震え声)」 

 

母親にこのホモビデオを見ているところを見られまして当分立ち直れないと思ってたんですけど

思いの外次の日になったら立ち直ってた。

逆に有りじゃね?と思えるようになってね。

 

アンドー君とこんなくだらない話をして盛り上がったりと毎日を楽しく過ごしてるんですけど

 

会いすぎと共に家を開けることが増えまして。

外泊もめっちゃしてましてね。

やっぱり母親っていうのは気づくものやん?そういうのに敏感やからさ。

 

やから驚きのスピードで気づいたのよ。

「カモメ彼氏できた?」と

さすが母ちゃんだ。とね。

 

「うん、実はできてん」と報告したら

写真見せろ見せろとせがまれて、写真を見せたら

「あら。イケメン。素敵」って言われて終わった。

 

その後一切ノータッチ。

あれ?母親って結構恋愛に口うるさくなるんじゃないのかな?

 

ある日はアンドー君が私の家の前まで車で来てくれて、母親もいたからバレましてね。

そんでそのまま外泊したから、泊まってることもバレてるわけですわ。

 

そして家帰ったら母親が「彼氏と会ってたん?」って聞いてきたので「うん。」と答えたら

「そうなんやー」つって終了。

あいも変わらずその後はノータッチ。

 

そして、アンドー君が近々一人暮らしする予定だから、引っ越したら合鍵をあげるねって言ってくれて

 

それを母親に伝えてみたのよ。

そしたら「向こうの家に行くと言うことはご飯を作ったりするんでしょう?あんた料理できたっけ?」と聞かれたので「うーん、これから勉強していくかな」と答えると

「そっかー」で会話終了。

 

娘の恋愛事情に対しての興味、0。

永遠の0

 

「付き合ったばっかりで合鍵貰うなんて早いんじゃない?」みたいなことは言われるのかなとか思ってたけど一切言ってこねぇ。

 

「なぁ、彼氏とのこと気にならへんの?」と母親に聞いて見ると

「とくにないですね」

興味なさすぎる。

 

ほいで、父親には彼氏おること言ってないんで、それとなく話題を振ってみましてね。

 

私「なあなあ。私が彼氏できるとしてどんな人やったら反対する?」

父親「いやあ、特にないかな」

私「例えばこんなんはあかんとかないの?」

父親「うーん。快楽殺人鬼とか?」

私「ブラザーが彼女連れてくるとしたらどんな子はダメなん?」

父親「全身タトゥーが入ってて快楽殺人鬼やとちょっと嫌かなあ」

 全身にタトゥーが入っていて、快楽殺人鬼でもちょっと嫌な程度なんや。

息子の嫁が快楽殺人鬼ってかなり嫌じゃないのかね?

絶対快楽の為に我が家皆殺しにされるやん。

 

我が家は恋人ができても全くモメることがないってのがよく分かりました。

 

よくさ、漫画とかでさ「両親から恋人とのこと反対されてるから親と喧嘩した」とかあるやん?

我が家は皆無。一切ない。

 

まぁね、私も22歳の立派な大人ですから、親になにか言われる筋合いもない。

大学も卒業してますしね。

しかし、あまりにもノータッチやと逆に聞いてこいよ!と思ってしまうのが人間の心理ってもんで。

 

ある日、私はアンドー君とお出かけをして沢山写真を撮ったから家に帰って母親に見せてみたわけですわ。

 

「ほお。一枚お母さんに写真送っといて」とだけ言って会話終了。

写真は欲しがるんだ。。。

 

そいで、ある日急遽アンドー君と会うことが決まり、夜に「ちょっと出かけてくる!」と言ったら父親が「どこに行くん?」と聞いてきたので

「うんちょっと!」と返したら

「そっかー」と言って会話終了。

 

楽だわぁ。この家。

 

そんなこんなで、アンドー君とは仲良くやっております。

 

 

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

   

人生ホモビデオを見られてからが勝負

生きてたらどうしようもなく辛いことがあると思う。

 

時には死にたいと思うことだってあると思う。

生きてたら色々な困難にぶち当たるものだからね。

それを乗り越えて人は強くなっていくんだ。

f:id:sng405:20170608181954p:plain

 

そう、強くならないとダメなんだけど、私は・・・・・・・・・・・・

いやー、可能ならば死んでしまいたかった。

だってさ、意図せずにホモビデオ見てる時にさ、運悪く母親に見られたら皆どう思うよ?

 

いやいやいやいや、本当に意図せずにホモビデオを見てたことを分かって欲しい。

不可抗力やったことを理解して欲しい。

 

私の家は共働きでね、その日は私が一番早く家に帰ってきた。

自分専用のパソコンを持ってまして、普段は自分の部屋でパソコンを触ってるんだけど

その日は何を思ったか、パソコンをリビングに持っていって、リビングでネットサーフィンをしてた。

 

それでyoutubeを見て恋愛ソングを聞いては「アンド―君・・・・////」と

最近付き合った彼氏のことを想ってはにやにやしてた。

まだ付き合って数週間なもんで幸せいっぱいでさ

youtubeで音楽流しながら「クッキー 作り方」とか調べてた。

可愛いやん?

恋に恋してる感じで可愛いやん?

 

クッキーの記事を読み漁って満足したのでyoutubeで面白い動画とかも探し始めてさ。

そこで、結構インパクトの強いホモビデオにたどり着きまして。

ラグビー部の設定で

後輩が走ってきて先輩に向かって「先輩・・・・・・好きっす!」

と告白して、先輩も「俺もお前が・・・好きだ!」

つって抱き合ってからのちょっと大きなモザイクが入ってと

中々に笑える動画でね。

 

後輩が「先輩犯してもいいっすか?」って聞いたら

先輩が震えた声で「好きにしろ」って答えてまた大きなモザイクが入るんやけど

まぁそのシーンが自分的にめっちゃツボで。

何回も何回も見ては一人でゲラゲラ笑いましてな。

 

それでまた最初から見てたらいやー予想外。

あれ?あんたドアちゃんと開けたの?窓からこっそり入ってきたの?ってくらい本当ビビるくらい物音一つ立てずに母親が部屋に入ってきた。

母親の「ただいまー」と同時に

「先輩犯してもいいっすか?」が流れたよね。

 

しかも、母親に背を向けた状態でパソコン見てましてさ

もうここまで言ったら察してくれると思うんだけど、見えてんのよ、画面も。

見えてるわけよ。

「好きにしろ」つって犯されてる先輩の映像がさ。

 

母親一瞬黙ってからさも何もなかったかのような顔で

「今日は久しぶりのカレーよー」って答えて部屋を出て行った。

 

そっと画面消してパソコン閉じで自分の部屋に持って帰ったよね。

 

何も無かったように接することが何よりも人を傷つけているって分かるかい?

まだそこで何かツッコミを入れてくれたら

「いやこの動画面白くて見てるねん~!」みたいに言えますやん。

そこに触れられないとこっちからも言い出せないし

この状態やと本当に私がラグビー部の先輩が犯されていることに性的興奮感じてるみたいですやん。

性的興奮を感じたか感じてないかで言えば性的興奮を感じてるけどそれはまた別の話ですやん?

 

 

あーやべぇ当分立ち直れそうにねえ

また更新します。

 

 

 

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

   

家族会議「サーファーの息子」

私には双子の兄がいる。

私と違って肩幅は狭い。

 

そんな兄の見た目は至って普通。

髪型も至って普通。

これといって目立つこともなく普通に生きてきた。

そして、私達は今年の4月から社会人になった。

 

社会人になって数ヶ月が経った時

家族会議が開かれた。

 

我が家は何か問題が起きるたびに家族会議を開くことがありましてね。

 

今まであった家族会議で印象深いのは、

「この家にデブは必要か?」との題材で私が迫害されそうになり必死に痩せたり

 

またある時は「ジャニーズで1番かっこいいのは誰だ?」選手権が開かれ、山田涼介さん、長瀬智也さん、堂本光一さんで票が割れ、皆が自分の我を通すからありえないくらい空気が悪くなって普通に喧嘩になったりなどと、色々な家族会議が行われてきた。

 

 

そして今回も家族会議が開催され、どんな話かしらと思いながら私と兄は集まりました。

 

父と母は相変わらず深刻そうな顔をして座っている。

 

またこのパターンかと思いながら座ったら父親は腕を組みながら口を開いた。

「無事、社会人になったブラザー(兄)にお父さんは言いたいことがあります」

今回のターゲットはブラザーのようですわ。

 

「勉強机とベッドを捨てるのはどうだろうか?」

と、父は言った。

 

社会人なると勉強机捨てるってのはまぁよくある話やと思うのよ。

大学生の時点で勉強机捨てる子も周りに結構いたしさ。

 

しかし、社会人になるとベッドすらも捨てると言うのは知らなかった。

社会人たるもの床で寝るワイルドさが必要なのかな?

体バッキバキになるよ。

 

「え?なんで捨てないとあかんの?」とブラザーが聞くと

「あの机とベッドはサーファーっぽくないから」と父は答えた。

 

ブラザーがサーファーなことを私は22年間生きてきて全く知らなかった。

野球少年やった記憶はあるけど、サーフボード片手にどっか出かけてるなんて知らなかった。

衝撃の事実。

 

父「それで、見た目もサーファー風に髪の毛はロン毛にしてほしい。それで体を焼いて、金髪の女の子を家に連れてこよう」

私「あと、サーファーたるものサーフボードも置いとかんとダメじゃね?」

父「それもそうか。あと、土偶とかも置いたらかっこよくなるんじゃない?」

兄「俺の部屋に土偶置いたらサーフボード置く場所ないんやけど」

父「サーフボードは天井に貼り付けたらええねん」

兄「なるほどな」

父「で、ベッドもちょっとサーファーっぽいのに買いなおすべきやと思うねん」

兄「そろそろ黙ってくれ」

 

実際はブラザーのベッドがボロボロやから買いなおした方がいいよと言う助言をするつもりやったらしいけど、

昔からあった息子をサーファーにする願望が抑えられなくなって

今回はこの会を開いたみたいでした。

 

ちなみに母親は一切会話に入ってこず、ずっとツムツムしてた。

 

話し合った結果、とりあえずベッドはいつ壊れてもおかしくないから買いなおすことと、

申し訳程度に土偶を置くことで解決した。

 

 

 

 

 っていう、どうでもいい話。

 

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

   

ブス、勝負に出る⑩

えー、ついに勝負に出てきたよ。

 

f:id:sng405:20170727221744p:plain

華の金曜日に一緒に晩御飯を食べて、その後夜景を見に行きました。

車を運転しているアンド―君はとてもかっこよかった。

 

山に到着して、夜景を見たんやけど

まぁ超絶綺麗で感動した。

周りはカップルだらけで夜景見ながら抱き合ってる人達もいた。

 

もうこれは言うしかないぞと。

夜景に連れて行ってくれるくらいやからアンド―君ももしかしたら私のことを好きかもしれへんと。

このままこの関係のままでいるのは辛いし、やっぱり彼と付き合いたい。

 

覚悟を決めていざ言うぞ!と思ったけど、緊張で言葉が出ない。

私「あのさぁ~アンド―君」

アンド―「どうしたん?」

アンド―君がこっちを向く。

 

言えやしねえ

緊張しすぎて無理。

 

振られたらもう気まずくて会えへんよな?

それは辛すぎやしないか。

そう考えると言葉がやっぱり出ず……。

 

そしたら何か察したのかアンド―君が「ちょっとこっちついてきてもらってもいい?」

と人のあまりいないところに私を連れていってくれた。

 

そんで、告白されました。

 

↑これは、見た人を幸せにすると言われているケツァール

 

 

見えたね。いないはずのケツァールが見えたよあたし。

 間違いなく私の肩の上に乗ってた。

肩の上に乗ってうんこまでしてた。

 

 

今まで人を好きになったことは何度かありましたが、両想いなんてからっきし無かった。

ある時は1回告白して5回くらい振られたりもした。

「俺の人生にお前はいらねえ」と振られたこともありました。

もう少し言葉を考えて欲しい。

 

私が好きになっても相手に同じように好きになってもらえることなんて無いと思ってた。

 

それがまさかの両想いですよ。鼻血噴射ですよ。

 

「え!?まじで!?」とアンド―君に驚きのあまり掴みかかったら

アンド―君は笑いながら「好きじゃなかったら夜景なんて連れてこんわ」

と笑った。

 

ネットを始めて1人目でこんな風になるとは思わなかった。

何人も蹴散らされて、はたまた上手くいきそうやと思ったら体目当てやったり

またある時は当日に顔を見られて逃げられたり

ありえへんくらい変な人間と出会ったりなどがあるのだと思ってた。

 

そんでブログに面白おかしく書いて、色々と経験した結果として

「もう誰とも結婚できないのでマンション買って一人で生きていきます」

って記事を書いて悟り開くもんやと思ってた。

 

それが一回目でめっちゃタイプの人と出会ってすごく優しくて良い人で

そんで相手も私のことを好きになってくれた。

 

 

話がうまくいきすぎてる。

しかし壷を買わされる気配もない。

 

「俺には恩人の人がいてさ、その人に出会ってお金も増えて人生観も変わったんだよね。ぜひ彼女としてカモメちゃんにもその会合に参加して欲しいんだ」

とかも言われてない。

例えそうなっても私はついていくくらいアンド-君が好き。

そこで知らず知らずのうちに書類5枚くらいにサインして

合計4000万の壷買ったとしてもきっとアンド―君のことが好き。

好きやけど、好きやけど裁判では争うと思うな。

 

 

そんなこんなで、簡単に書きますと、彼氏ができました。

これから色々と問題が出てくるやろうし、好きやからこそ不安なこともいっぱいあるけど

一緒におれる間は二人で頑張っていこうと思います。

 

次からは彼氏としてのアンド―君の話や

普段あったどうでもいいことを書いていきます。

これからもこんなブログで良かったら遊びにきてくだせえ。

 

 

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

   

 

肩幅狭まる 22歳 夏

私はこのブログで何度も言っているが、

それはもうめちゃくちゃに肩幅が広い。

ラガーマンっぽいねと言われたこともある。

 

普通に悪口。

 

そんな私は大学2回生の時、20歳の誕生日を迎えてから狂ったように酒を飲んでいた。

やっぱり20歳と言えばお酒解禁やん?

 

友達と居酒屋に行けるのが嬉しくてバイトをしてお金を稼いでは飲みに行ってた。

給料のほとんどが飲み代に消えるくらい狂ったように居酒屋に行ってた。

 

そしたらまぁね、当然と言えば当然なんやけど

めっちゃ太りまして。

多分半年かそこらで10キロは太ったんちゃうかな。

 

私には双子の兄がいましてね。

兄は私とは正反対でガリガリで肩幅も狭い。

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は貝割れ大根。

ってくらいガリガリなもんで。

 

で、私達双子はわりかし仲が良くてリビングで話してたら父親と母親に集合をかけられまして。

いきなり家族会議が開かれた。

 

父「かもめとブラザー(兄)ちょっと座りなさい」

母親も深刻な顔しながら座ってる。

まじで離婚するのかと思ったよね。

 

お父さんとお母さん、どっちについて行くのか……

とりあえずお金のある方についていこうと私は覚悟を決めた。

 

そしたら父親が本当に申し訳なさそうに私を見ながら口を開いた。

「かもめ……太り過ぎやから痩せろ」と。

オカンもうんうんと頷いてた。

 

わざわざ家族会議を開くレベルで私はデブになってたんやと衝撃受けたよね。

 

オカンも申し訳なさそうに「こんなこと言いたくないけど、我が家にデブはちょっと……」と。

それを聞いたブラザーは爆笑しながら

「確かにお前俺の倍はあるな」と狂った猿の人形みたいに手を叩いて言っていた。

 

いやー20歳のまだナイーブな年頃の私は相当傷ついたよ。

 

家族会議開かれてデブやから痩せろって言われるとは思わんかったし。

何が離婚やねん。なんも関係ない。

ただのデブ過ぎるが故にこのままじゃ戦力外通告受けるよというお告げやった。

デブ故に家から追い出されるとかそれはまじで勘弁。

デブ故に20歳にして家族から縁切られるとか恥ずかしすぎてどうにかなってしまう。

 

世の中には「親が嫌いやから縁切った」「愛する人とのことを反対されたから縁切った」「1人で生きたいから縁を切った」など色々な理由で家族と離れた人がいると思う。

 

けど、「デブやから縁切った」はあまりにも悲し過ぎる。

なんせ当時大学生の私は縁切られたら生きていけない。

 

 

食べることが生きる全ての私は食べ物を抜くことが出来なかったため、とにかく運動をすることにしました。

 

そっから急いでジムに通った。

週二でジムに通い 半年で10キロ落としました。

 

くそデブからそこそこのデブになったことで親からは生きることを許されなんとかここまでやってくることができました。

 

 

で、最近はね、また痩せてきました

ここ数週間で2キロ落ちてん。

家族からも「急激にあんた痩せたんじゃね?」と話題にあがるくらい顔色も悪くなってる。

運動は最近してなくてさ、どうやって痩せたかというと

ご飯を食べれなくなったということですかな。

 

 

アンドー君のことを考えると胸が痛んでまともにご飯がたべれなくなりましたわ。

昼ごはんも小さいおにぎり無理矢理押し込んでる感じ。

 たしなむ程度の量しか入らなくなった。

 

このままでは餓死するんじゃね?って思うくらい何も食べれてないので

夜景行く時に告白しますわ。

このままじゃ痩せすぎて肩幅がどんどんと狭まってしまって、私らしさがなくなってしまう。

私から肩幅を抜いたらきっと何も残らないので

少しでも肩幅を守る為に次は告白してくるぜー!!!!!!

 

あー緊張でもっと痩せそう。

 

また更新します。

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

   

広告を非表示にする